回復パーティションは削除してもいいですか?




A:  先に個人的な見解をいえば、デスクトップパソコンなら、
基本的には、 削除しないほうがいいと思います。(USBに退避してもです)
なぜならUSBも機械なので、 壊れることもあります。

回復パーティションとは、
購入したパソコンにOSのDVDディスクが付属していないタイプは、
それが、OSでもあり、リカバリディスクの代わりになるが回復パーティションです

PC購入時にOSのDVDディスクが付属しているタイプは、回復パーティションは、
ハードディスクの中に存在しません

ですので回復パーティションが、ハードディスクに存在するタイプのパソコンと,
存在しないパソコンに分かれます。

また、Windows8.1では、USBメモリを回復ドライブとして、作成するようになっています
その回復ドライブ(USBメモリ)が起動ドライになります
これが、今までのWindow8までは、起動ディスクとして、DVDメディアに焼いていました、 ここが大きな違いにないります。

このあたりの回復パーティション詳しい操作手順は以下記事が参考になります
windows8.1の無料イメージバックアップ(フルバックアップ)方法OS標準機能
またYoTube動画にも操作手順を説明しています。
Windows8.1で回復ドライブを作成USBの作成方法

その他関連記事
フリーソフトでブルーレイにバックアップの仕方
Windows8/8.1インストールディスクとバックアップディスクとリカバリディスク作成の違いを理解をする
Windows8.1対応のLogitec製ブルーレイディスクのLBD-PMJ6U3VSVを購入してバックアップイメージをブルーレイに焼いてみた  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする