USBにバックアップする方法は?




A: USBメモリに、バックアップは可能です
このUSBバックアップですが、Windows8.1のファイル履歴機能による、
バックアップが有効な手段になります。
当然、そのUSBメモリの容量が許す限りになります

■システムイメージバックアップ(フルバックアップ)をUSBメモリに保存するのは
無理があります。Windows標準のシステムイメージバックアップはとても、
容量が大きくなる傾向なので、環境によってはすぐに100G以上になることもあり、
USBメモリにフルバックイメージは適していません。

★また、USB回復ドライブをバックアップの対象とするのも、
問題になります。USB回復ドライブとして作成したUSBメモリの中には、
余計なものを入れないようにとMicrosoftは、言っています

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする