Windows Liveメール2012のメールバックアップのやり方




A: メールのバックアップには、
まずメール本文とメールアカウント(メールアドレス)と、
パスワードやそのほかアドレス帳なども保存することです。

その際に保存先は、 内蔵のハードディスク以外のCD/DVD、USBメモリなどにコピーします。 実際の操作手順は、メールのエクスポート機能などを使用すれば簡単です。

●あと、メールのルールを作成している場合は、そのルールのバックアップできますが、
レジストリを操作する必要があります。

詳細に初心者さん向け解説の記事は以下参考に
Windows Liveメールのバックアップ又はエクスポートの仕方windows8.1 編

※補足として、わかる方のみ以下
一番簡単な方法は、Windows Liveメールのルートフォルダごと、USBメモリに コピーする、または、DVDメディアに焼くのが、一番簡単で早いです  
Liveメール2012のルートフォルダ階層以下に、すべてのデータがあるので、
メールアカウントごとに、フォルダが生成されています、ですので、この方法が、
超簡単で、安全ですが、ただ、容量がそれだけ、必要になります

※参考までに、私のPC環境では、軽く12GBもあります、
このようなサイズになるので、DVDには保存できませんね、USBかBlu-Rayになります
あくまでもこのやり方の意味が、わかる方のみです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする