PowerDirector13でフリーフォントの入れ方は?




A: フリーフォントは、OSに入れておけば、どのソフトでも使用できます
質問の内容から、超初心者さんだと思うので、もう少し説明してみます

フォント自体は、有料と無料がありますが、どちらもWindows8.1に、インストールして
しまえば、それだけで、作業は終わりです。
★重要、フォントはOSにインストールするだけで、
各ソフトごとに、フォントをインストールはしません(できない)
あとは、あらゆるソフトが、自動ですべてのフォントを読み込むので、そのソフトで
使用できるようになります。
PowerDirector13に限らず、ワードやエクセル他、メモ帳や、ペイントソフトなど、
ほとんどのソフトで、OSにインストールして、使用するソフト設定に、フォント種類を変更
する項目があるはずですので、そこから、変更可能です

■参考までに、OSにフリーソフトのインストールの仕方を解説記事以下
無料LibreOfficeにHG創英角系のフォントを使用する初心者解説

■また、OSにフリーフォントをインストールできたら、PowerDirector13でも、
難しく考えずに、フォント変更のボタンから、好きなフォントに変えることができます

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする